渡辺、米田の経歴

[渡辺壮一郎、米田麻人の経歴]

小学校時代、同じサッカーチームに所属。 大学で小学校時代お世話になった恩師から連絡をもらい再会。 神戸YMCAで子どものためのキャンプ活動のボランティアを行い、 さらに親交を深めた。

大学時代にはボランティア組織での渡辺は会長、米田は副会長として、 新たな試みを実行した。 社会人になり、渡辺は自分のやりたい教育の形を求めて篠山チルドレンズミュージアムに就職、米田は安定した生活基盤でやりたいことを模索していた。

2016年9月頃に米田が京都に異動になり、渡辺と再会する。 そこで二人の近況を話し、米田は渡辺のやりたいことを全力でやる渡辺の生き方に惹かれる。 そして、2017年6月頃に渡辺の独立に向けた取り組みを支援する形で米田とミーティングを 重ねる。米田は同時期に東京で同世代で塾ビジネスを立ち上げている起業家に出会い、限界 を作っている自分自身に気づく。

2017年8月初旬に東京異動の辞令が米田に出る。そのことをきっかけにお盆休みに渡辺と話をするために篠山に行き、実際に篠山でボランティアとして働いた。

その滞在期間の中でお互いの教育のビジョン、現在の課題意識を共有することで年内に起業することを決める。そして、米田は、8月末で会社を退職する。9月頭に移住し、居候生活を送り、家を探しながら起業の道を志す。

11月1日に無事起業。